Be Happy!
好きなことを好きなときに好きなようにブログする

プロフィール

・じゅじゅ

Instagram

人生舐めている!とよく言われますが、その通りです。ごめんなさーい。でも・・楽しきゃいいじゃん♪

・Alto
天才だけどビビリンチョな偏屈じーさん犬。白髪がダンディな1997年生まれ。
2015年9月10日午後4時5分 18歳4カ月で魂の修行に出かける。

・Orga
無敵のブリッコお嬢様犬。でも実は2001年生まれの立派なシニア犬。

・Beat
2015年7月25日 遥々徳之島から横浜を経て我が家の一員となる。2015年4月10日生まれと決める。ヤンチャで甘えたなブラックデビル。

最近の記事

カテゴリー

リンク

リンクに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
健康第一
友達の愛犬が「胃捻転」で緊急手術をしていたことを知りました。
術後の経過も良好で、すでに散歩も始めているみたいで一安心。

今回は飼い主の判断が速かったこと、行きつけの獣医さんに胃捻転の手術経験があったことなど幸運が重なり最悪の結果を免れました。

レトリバー系やシェパード系、特にオスに多いそうです。
それからガッツク子にも‥。
うちのはまさにソレ系なので、後学のために色々聞いておきました。

お腹が腫れているように感じる。
食欲はあるけれど、吐くようなそぶり、もしくは黄色い胃液や黒いものを吐く。
ガスが出る。

など、普通は「ちょっと様子をみようか」になるような症状ですよね‥。食欲もある、散歩もする、となったらそう思うのが普通だと思います。
でも、そのせいでほとんどの場合が手遅れになって「突然死」で終わってしまうことが多いらしいです。

彼女同様、我が家もスキンシップを兼ねての触診はかかしませんが、この話を聞いた今日は腹部を執拗に触りすぎて「なんだよ‥」なAltoさんでした(^^;

これと言った予防法はないようですが、できれば長旅(5~6時間以上)の後は食事を抜く。
水をがぶ飲みした後にすぐ運動をさせない(ディスクドッグの中にはこれが原因で飛び上がった拍子になってしまう場合もあるそうです)

食後の激しい運動はともかく、我が家は長時間車移動が多いので今後は帰宅後の食事は抜こうと思った次第‥。

今回彼女が愛犬を病院に連れて行き手術まで2~3時間。
この迅速な行動が命を救いました。
もちろん、愛犬に気力体力があったことも助かった要因のひとつ。
彼はれっきとした日本犬で、胃捻転になること自体が非常に稀だったそうですが、助かって本当によかったです。
後はゆっくり無理せずリハビリ散歩して、またいっしょに遊ぼうね♪
関連記事

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

MILA for Pets

人間はもちろん、ペットにも!
Altoが元気なのはMILAのお陰?
ホールローフードMILA

Pure Whole Health

聞きたいことなどあったらいつでもどうぞ(*^^*)

Animal Lovers

リンク先:GREEN DOGトップページ

GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

ニッセン

カレンダー

05 ≪2017/06≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード

デル株式会社

copyright 2005-2007 Be Happy! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法